陰でほめよう

江戸初期の儒学者である貝原益軒は
「朋友の間、悪しきことならば面前に言うべし、陰にて謗るべからず。後ろめたく聞こゆ、面前にてその過ちを責め、陰にてその善を褒むべし」
と言う言葉を残しています。
本田の創始者本田宗一郎さんとその片腕といわれた藤沢武夫さん、ビートルズのメンバーだったジョン・レノンとポール・マッカートニーなどに共通して言えることで、二人きりの時には「その考えはおかしい」「センスがない」など歯に衣着せぬ言い方で衝突はしばしばあったそうですが、相手がいない時には相手を褒め、徹底的に持ち上げたそうです。

自分のいないところで自分をほめたたえてくれる人は、それだけ自分を認めてくれているものなのかもしれません。

【賞賛はみんなの前で、忠告は秘密のように】
人間関係が楽になる逆転の言葉です。

                  教務部 松尾

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

陰でほめよう

江戸初期の儒学者である貝原益軒は

「朋友の間、悪しきことならば面前に言うべし、陰にて謗るべからず。後ろめたく聞こゆ、面前にてその過ちを責め、陰にてその善を褒むべし」

と言う言葉を残しています。

本田の創始者本田宗一郎さんとその片腕といわれた藤沢武夫さん、ビートルズのメンバーだったジョン・レノンとポール・マッカートニーなどに共通して言えることで、二人きりの時には「その考えはおかしい」「センスがない」など歯に衣着せぬ言い方で衝突はしばしばあったそうですが、相手がいない時には相手を褒め、徹底的に持ち上げたそうです。

自分のいないところで自分をほめたたえてくれる人は、それだけ自分を認めてくれているものなのかもしれません。

【賞賛はみんなの前で、忠告は秘密のように】

人間関係が楽になる逆転の言葉です。
                                          教務部 松尾

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

心情

前回の読解に続き今回は読解の一つの要素である心情を慮るについて考えていきましょう。

物語や小説においては登場人物の心情を理解することが必要です。心情が文中にはっきりと記されていればよいのですが、実際はそうでないことのほうが多いのです。では、そういったときどのようにすればよいのでしょう。

一つはそこに至る経緯をふまえ推測をする。あるいは、比喩を含む表現などから解読する、といいた技術から読み取っていく必要があります。

また、こういうときにはふつう人はこういう気持ちになるものだ、という常識的なことも必要です。このことは読解力とは異なる領域ですが、文章を読むためには、常識という名の前知識は必要なことと言えます。

〈実験〉常識的に考えてみてください。

まず次のAグループの中から一つ思い浮かべてください。

A: 温泉、風邪、牧場、スキー、コップ、おにぎり、冬

次に思い浮かべたものから連想するものを一つ次のBグループから思い浮かべてください。

B: 米、定規、まんじゅう、雪、パソコン、牛乳、ティッシュ

次にBグループで思い浮かべたものから連想するものを一つ次のCグループから思い浮かべてください。

C: 速い、鋭い、甘い、白い、赤い、広い、狭い

これで最後です。Cグループで思い浮かべたものから連想するものを次のDグループから思い浮かべてください。

D: デパート、信号、砂糖、ピラミッド、森林、世界地図

あなたがDグループで思い浮かべた(連想した)のは


   さとう です
                              教務部 松尾

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

読解

読解問題を解くにあたり、「読む力(読み技術)」・「解く力」・「書く力」の三つがそろっている必要があります。このうち、最も大切なことが「読む力(読む技術)」です。
解くとき、ふつう、文章を一読し、それから問題を解きにかかります。ここで、一読し終えた段階で文章の内容が概ね頭に入っているかいないか、が勝負の分かれ目になります。まず、設問を読んで本文の該当箇所を考えるというような方法もありますがいわゆる難関校の問題には対処しきれない可能性が大きいと思われます。文章の細かなところまで理解できていなくても構わないのです。大事なことは、文章の大まかな流れをつかみ、頭に入れてしまっていることで、つまり、頭の中で要約しながら文章を読めるかどうかがポイントです。
本文全体の趣旨や流れがわかっていないと解けない問題が多く、本文の各部分にだいたいどのようなことが書かれていたのか、その各部分の内容が全体の中でどのように位置づけられているのか、本文の趣旨とそうからむのか、ということも意識して読むことが大切になります。
                             教務部 松尾

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

電子と紙と・・・

 あなたは、電子派ですか、紙派ですか?

そうです。今では、本を読むにもマンガを読むにも、

何か調べものをするにも、電子版もあれば、紙版も

ありますから。

 今回は、調べものをしたい時、中でも辞書を使い

たい時に限定して考えてみましょう。

 昔ながらの紙の辞書の良いところ。

自分でマーカーや鉛筆で線が引けること。

時が経って見直してみると、「ああ、あの頃、夜中まで

勉強して単語を覚えた時に引いた線だ。我ながら頑張っ

ていたなあ」とか、しみじみすることが出来ます。

同様に、その頃に挟んだ栞がパラリと出て来て、これま

た懐かしさにウルウルとなったり。

 実際に自分の手で書いたり挟んだりした足跡をその

まま残しておくことが出来るわけです。

幾つかのページを簡単に行ったり来たり出来るのも、

紙の辞書の便利なところですね。

 では、電子はどうか。

自分の足跡が見たいなら、ちゃんと履歴が残ってるぞ、

とは言われても。ちょっと風情が無さすぎますよね。

 電子辞書の場合は、とにかくあの圧倒的な情報量に脱帽!

なのです。そしてもちろん、あの軽さ、コンパクトさにも。

重い紙の辞書をいちいち取り出したり、持ち歩いたりしなく

ても、サッといつでも小さな電子辞書があれば・・・

って、アレレ? これって辞書じゃなくて、もうスマホが

ひとつあれば、事足りるってことですか?

確かに最先端の情報を、より深く知ろうとすれば、ネットの

ほうが便利、ってことに・・。

 ここまで、この文章を書いて来て思いました。結局、

「今やツール(道具)は、山ほどある。後は、それを使う者、

人間(あなた)が、それらをどう使いこなすかだ」

ということなのでしょう。

ある有名な放送作家は、原稿を未だに原稿用紙と万年筆を

使って書いているそうです。(ファックスは使用可とのこと)

手触りや匂いや、情緒を重んじるもよし。軽さや速さや、

便利さを重んじるもよし。でも、道具の選択肢が増えた分

だけ、使うほうのセンスや価値観が問われてもいるわけで、

「人類の進歩と調和」ってムズカシ~い。

            教務部 吉井

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

ことば

なぜ、三時をおやつというのでしょう。

日頃何気なく使っている言葉について考えてみましょう。

これは、昔、十二支が時刻を表すものとしても使われていたことによります。

それは1日を二時間ずつに分けそれに十二支が割り当てられていました。つまり、

23時~1時を子の刻、1時~3時を丑の刻、3時~5時を寅の刻、5時~7時を卯の刻、7時~9時を辰の刻、9時~11時を巳の刻、11時~13時を丑(午)の刻、13時~15時を未の刻、15時~17時を申の刻、17時~19時を酉の刻、19時~21時を戌の刻、21時~23時を亥の刻、という形です。このことから昼の12時のことを正に午と言う意味で正午と言い正午以前を午前、以後を午後と言うようになったそうです。

そして、これとは別に日常生活で時刻を表す時に

1時までを九つ、2時までを九つ半、3時までを八つ、4時までを八つ半、5時までを七つ、6時までを七つ半、7時までを六つ、8時までを六つ半、9時までを五つ、10時までを五つ半、11時までを四つ、12時までを四つ半という言い方をしていたそうです。

このようなことから、3時(15時)頃をおやつということが今日まで続いているわけです。
また、十二支は方角を示すものとしても使われていて北を子、東を卯、南を午、西を酉として表していました。このことは今でも社会の学習で出てくる標準時子午線で使われています。
             教務部 松尾

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

【子供のモチベーションをどう維持するか】

成績が不振のお子さんに危機感が感じられないと、どうしても「もっとやる気を出しなさい」と言ってしまいがちです。しかし、この言葉を物事がうまくはかどらない時に自分自身が言われたら、やる気が出るでしょうか。
お子さんのモチベーションが自然と高まるのは、親が学びへのモチベーションが高いケースに見られます。
親が勉強している姿(例えば資格試験等)を間近で見ていると子供は手を抜けないもので、子供のやる気が出る環境とは何かを考え、親も何か目標を持ってその姿を見せるのも良いのではないかと思います。
子供に対する評価は、他人(塾の講師)よりも厳しいケースがよくあり、子供は大人が考えているほど‘美しい’勉強ができるわけでもないのです。いい加減に見えるからといって、それがやる気のない勉強になっているとはかぎらないのです。悪いところは目につきやすい、だから良いところをできるだけ見てあげることが必要でしょう。不用意な言葉を投げつけるのではなく、見守る態度・励ます態度等から子供との信頼関係が築きあげることで困難にも対応できるものではないでしょうか。

                              教務部 松尾

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

English Zone

English Zone

New year has come, that means, entrance examination season has come!
I hope all students will aim to get their victory. The joy of victory is so big.

On the other day, I was so interested in the papar’s news. It says that English Zone has increased in the universities and even in the local town. D o you know the existence of it? English zone is the defined place or area where we speak only English, not Japanese. So we must speak it even though we struggle. That’s a nice idea. We Japanese have few opportunities to speak foreign language. We don’t need to speak it in daily life.
One day I heard from my student, she said “we don’t need to speak it and no need to study English~”. I want to make her experience the pleasure speaking with foreign people who has another culture or own sense of value.
She may know the different world beyond her through the conversation.
So I hope such opportunity like EZ will expand moreover around us.
Thank you.
Uemura

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

今年もよろしくお願い致します

新年あけましておめでとうございます。

伸進舎も、今年、12名の高校受験生と.1名の中学受験生が最後の追い込みで、頑張っています。

私をはじめ、講師陣も気を引き締めて指導しています。

全員無事に合格できるよう心から祈っています。

皆様にとって、素晴らしい一年になるよう心からお祈り致します。

今年もよろしくお願いします。

   塾長 森

カテゴリー: 塾長より | コメントは受け付けていません。

耳の活用

語句等を覚えようとするときどのような方法で覚えようとしていますか。
ほとんどの人は、覚えようとする語句等を「目で見て」覚えようとしていると思います。
もちろん、ただ眺めているだけでなく書くことによって、
あるいは声に出したりしてというように工夫していることと思います。
しかし、目で見るだけではない覚え方があると、言う方がいらっしゃいます。
それは、知識は脳の中の海馬という部分にたくわえられ、
その海馬へ情報が到達する方法は2つあり、
1つは目を通して届く方法でもう1つは耳を通して届く方法だそうです。
それぞれ別の神経を通って海馬に到着するからもし一方でつまずいても
もう一方で海馬にたどり着くことが出来るということです。したがって、
何かを暗記しようとするならば目と耳の両方を使うとよいのだそうです。
例えば赤ちゃんや幼い子は「耳で聞いて」覚えている。
それもものすごいスピードで。このことから、
耳も覚えることに対して大きく働いているということです。
では、どのような方法があるのか。
まず教科書の文章など覚えたい事象を音読しながら録音する。
そして、教科書を見ながらでもいいし目を閉じた状態でもいいので
集中して録音したものを聞く。録音したものは流しっぱなしでもよい。
このような方法もひとつであろう。
耳で聞くというのには漢字が分からないという欠点はあるものの
暗記スピードに優れしっかりと記憶したものは長く続きなかなか忘れないものである。
このことは試してみる価値がありそうです。
                            教務部 松尾

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。